ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

デジタルサイネージの販売・レンタルを行うヤマトサイネージのメルマガバックナンバーを掲載しています。

ブログタイトル

展示会で来場者の視線を集める工夫例

B!

こんにちは。
ヤマトサイネージ広報部です。


展示会で成果を上げるには
いかに来場者に目を止めてもらうか
というところがポイントになるわけですが


面白い試みで視線を集めた事例を
ご紹介します。


今回ご紹介したい事例はこちらです。

画像1


デジタルサイネージのサイズとしては
110インチなので、それほど大きいというわけではありません。


しかしこの展示のポイントは
サイネージモニター手前にある機械にあります。


このモニターに映っている男性は
何をしているかというと
マスキングテープを貼っています。


そう、これから塗装をしようとしているのです。
そして手前の機械が塗装機械というわけです。



この後、何が起こるかというと
手前に展示されている機械の動きに合わせて
画面に映っている車のボディが
塗装されていきます。


(もちろん機械から塗料が噴射されるわけではありません)
機械の動きとモニターの映像がシンクロしているわけです。


これは見ていてなかなか面白いし、
近くを通ると思わず目を止めてしまいます。


塗装機械に興味がある来場者の目を
引くための素晴らしいアイディアです。


デジタルサイネージを使って
展示ブースを目立たせる方法としては


・モニターのサイズを大きくする

・形を16:9以外のアスペクト比にして違和感を演出する


という方法がすぐに思いつきますが
今回のように実物と映像をシンクロさせるという手法は
実物のみで実演するより
目を引く可能性が高いかもしれません。


なぜなら、実物よりモニターのほうが
明るく映すことができることと画面自体に動きが出るからです。

実演であれば、動くのは機械だけ。


しかしサイネージとの組み合わせであれば
機械と画面、双方の動きによって
より目を引き付けることができそうです。


これは他の業種・業態でも
応用できることがありそうですね。


クライアント様が展示会に
出展されるというときには
ヤマトサイネージを思い出していただけると幸いです。


※マルチモニターの長期リースもサービス開始いたしました。
55インチの4面マルチモニターの場合5年リースなら月々23,000円程度でご利用いただけます。

リース価格についてもお気軽にお問合せ下さい。
※ご意見・ご感想・お問い合わせからお願いします。

yamato-signage.com